無料相談はこちら

【COMPANY(会社概要)】注文住宅の設計・監理の山川設計は、家づくりの相談を承る設計事務所です。お気軽にお問合せください。

他社との違い

1.お打ち合わせ回数が多いので、お客様のご要望を都度反映できます。
設計までのお打ち合わせ回数が多いので、お客様のご要望を反映できるスピードに自信があります。
また、お客様と時間を共有することが増えるので、お客様の立場になって設計を行えます。
2.早い段階から模型を使って具体的に説明します。
言葉や図面だけではなかなか伝わらないことが多く、設計や施工に支障をきたすだけでなく、考えや言葉の行き違いにより、完成に至らなかったり、まったく違うものが出来上がったりしてしまいます。
こういったことを避けるため、弊社では他社様より早い段階から模型を使って具体的なお打ち合わせを進めて参ります。
3.お見積りを施工会社任せにしないから安心です。
デザインだけで終わらないのが弊社。プランに合わせたデザインで施工するのにどのくらいかかるのか?
デザインだけではなく、かかる費用についても弊社独自にお見積もりしますから、施工店との間の取り決めで弊社が建築費を決めております。

電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせします。
その後、初回のお打ち合わせ日時のご連絡が届きます。

山川設計ホームページの資料請求/お問い合わせのフォームからお引合いいただければ初回面談日を決めさせていただきます。

オフィスやショールームで、お客様のご計画について伺います。
この段階では具体的なことが決まっていない場合も多いため、簡単な調査やおおまかな設計アイデアなどをディスカッションすることがあります。

先ずは、ギャラリーにお越しいただきご計画の建物のご要望などを伺わせていただきます。
同時に弊社の進め方をご説明させていただきまして、弊社作成のお見積書や模型などをご覧いただきご説明させていただきます。

初回面談のご要望に従い第一回目のタタキ台をご提案方、ご説明させていただきます。
ご反応に従いまして図面修正をその場で行ってまいりますので進み方が早いのが特長です。外観のスケッチなどもその場でイメージ画をお作りしております。

大体2週間に1回のペースでお打合せを進めさせていただきます。プランが固まって来ましたら模型を作成して平面図だけでは分かりにくい立体的な構成、外観などを確認していただきます。

内部の間取りばかり良くても外観が良くなければ話になりませんが弊社では早い段階から模型に拠るシュミレーションを行い内外共素敵で使い勝手の良い住宅になるよう修練してまいります。

模型もご納得いただきましたら、今度はご予算のお打合せに入ってまいります。
プランはご納得いただいてもお金も合うようにならないと先に進めません。
弊社では、お客様のご要望にご予算も合うまで何回も打合せを重ねてまいります。

弊社は見積りを独自に行っておりまして、施工店との間の取り決めで弊社が建築費を決めております。見積もりを工務店任せにすることは行っておりません。

これは極めて独自なやり方で大きな違いがここにあります。

ご相談や、お打ち合わせを重ねて、お客様と設計事務所側方向性合意ができれば、両者間で「設計監理契約」が正式に締結されます。
この契約では、業務範囲や設計監理料、支払い条件、スケジュール等を決定します。

全体的なスケジュールを確認させていただき、ご予算書の金額をつめて、ご納得いただきましたらいよいよご契約の運びとなってまいります。ここまでに2週間に1回ぐらいのペースでございますので、大体早くとも3ケ月か4ヶ月ぐらいのお時間はいただいておりまして、ご契約はなるべくゆっくりと行うようにしてます。

プラン、デザイン、お見積りが全てご納得行く内容になりましたらご契約とさせていただいて前に進めるように致しております。

本格的な設計が始まります。最初に基本設計図(平面図、立面図、断面図等)や模型などでの提案があります。
それを元に更に打ち合わせを重ねて、基本設計案を詰めていきます。
これと並行して概算見積りを取り、コストの裏付けを進めます。
通常2ヶ月程度の時間を要します。

この段階では、実際の建築に必要となる、材料や電気設備、細かい仕様等の詳細部分を詰めていきます。
実際の工事で必要となる詳細な図面を用いて打合せを繰り返します。
この時に使用する設計図面は工事請負契約のためにも必要なものです。
通常3ヶ月程度の時間を要します。

確認申請を提出するために必要な図面を作成してまいります。配置はこの段階で確定して、窓の大きさなども決めて構造計算に必要な要所を決めてまいります。

確認申請の図面と併行して仕上げや家具、電気設備、給排水設備、ディテールなどの詳細な部分も併せて決めてまいります。確認申請の図面を完成して、提出して、下ろすことを致しますが、大体この期間も3ヶ月から4ヶ月ぐらいはみていただいております。

施工会社との「工事請負契約」の締結に至るまでのサポートをします。
通常、複数の施工会社から見積もりをとるため、その情報を集約やコストの調整を行います。施工会社の仕事の質や会社としての状況等を比較検討しながら、最終的に依頼する会社を選定します。
通常1ヶ月半ほどの時間を要します。

確認申請が下りる頃には工事店さんと工事請負契約を結んでいただきます。弊社の大きな特長と致しましては、弊社が見積もりをするという関係から、施工店さんは、いつも一緒に仕事をしている3社さんの内のどちらかを地域や構造などで選定させていただきご紹介させていただきまして、工事請負契約を直接工事店さんと結んでいただいております。設計と工事を別々にご契約いただくことで、お客様に於いては安心出来るスタンスで実際の家づくりをしていただけるような運びとなっていることと自負しております。

公共事業であるとか、大きなビルをつくるなどと言う場合に於いては、必ず設計と施工は分離して発注するものですから、住宅に於いてもそのような取組方が一番好ましい形であるということが言えるのですが、一般的には中々浸透しておりません。選ばれた方のみに許された進め方ということが出来ると思います。

見積りと設計が確定した段階で行政もしくは民間の確認申請機関に「建築確認」を申請しなくてはなりません。
許可が下りるまでには、最短でも1ヶ月半程度かかります。
ただし、設計の内容等によってはこれよりも長くかかる場合もあります。

実際の工事の現場に於いて設計図の通りに施工されているのかどうか現場にてチェックを行います。施工の質やデザイン、工程などの監理などを行い施主様にご説明致します。
現場が上棟を果たしますと、打合せも現場にて行ってまいります。

施工会社に設計内容を説明します。設計通りに正しく工事が進められているかを現場でチェックします。各工事の工程を写真などで記録しデザインや品質、工事の工程の状況をお客様説明します。
通常6ヶ月程度の時間を要します。

完成した建物を検査し、問題がなければ竣工引渡しとなります。
施工会社から鍵の受け渡しや使用上の注意説明があります。
その後、引渡書にサインが交わされて、建物はお客様の所有物になります。

完成した現場を検査してダメな部分などをチェックします。施主様にも検査していただきましてダメな部分等は直してからお引渡しを致します。施工店さんの方から鍵の引渡しや機器類の説明等があります。

竣工から1年後に施工会社が行う1年点検に立会います。
修繕などに関して施工会社に指示を行います。
また、お客様からの追加設計のご希望などにも承ります。
こちらは有料サービスとなることが多いです。

竣工後は施工店さんとアフターサービスを結んでいただきます。修繕のアドバイス等に関しましては随時ご相談に乗らせていただきます。